消化器内科,外科,整形外科,呼吸器内科,肛門内科
〒070-0034 北海道旭川市4条13丁目右5号
TEL 0166-23-2201

 

当院のご案内

当院の診療方針

「身近なかかりつけ医」として、健康全般に関して診療を行っていきます。
  • 医療の専門家として治療を開始すると同時に、長期的な視野に立った助言を行います。
  • 専門外の疾患、治療上必要と判断した時、そして患者さんからの希望時には、迅速に他の専門医を紹介します。
  • 治療の上でも、そして信頼関係のためにも、まずお話をじっくり聞くことが、最も大切と考えています。
  • 電子カルテの情報を用いながら、丁寧な治療説明を行います。

診療科目

消化器内科、外科、整形外科、呼吸器内科、肛門内科

 

診療時間

診療時間
午前 9:00~13:00
午後 2:30~6:00
◎…土曜午前 9:00~13:00
【休診】
土曜午後・日曜・祝日

 

院内・診療設備など

●電子カルテ・医事会計システム

【セコム社製ASP型ユビキタス電子カルテ・医事会計システム】

セコム社製ASP型ユビキタス電子カルテ・医事会計システムは、全国展開のシステムですが道内では3施設目(旭川では第一号)です。お預かりした皆様の情報はセコム本社のホストコンピューター内に厳重に保管されています。

 

●胃カメラ

【フジノン東芝製フルデジタル電子内視鏡Sapientia(EG 590WR)】

先端径9.6mmのハイビジョン対応デジタル高精細スコープです。ハイビジョン画像にて細部に至るまで確実な診断を行います。撮影された画像は検査後、電子カルテ上でご説明いたします。

 

●超音波

【東芝製超音波画像診断装置 Nemio 20(SSA 550A型)】

フルデジタルカラー超音波装置です。肝臓・胆のうの検査および動脈硬化の診断に威力を発揮します。
撮影画像は検査後、すぐにご説明いたします。

 

●レントゲン撮影装置

【島津製作所製天井走行式X線撮影装置(CH-200M)】

検査装置の中でも、最も使用頻度の高いレントゲン撮影装置は最新の高周波インバーター方式です。迅速かつ低被爆と正確な診断が可能です。撮影テーブルも自動昇降式で、乗り降りも安全かつスムーズに行なえます。

 

●インフルエンザ検査

【高感度インフルエンザ検査装置 富士ドライケム IMMUNO AG1】

富士フィルム社製のインフルエンザ検査装置です。通常の検査に比べ100倍に増幅し、検査感度を向上させています。発症早期からインフルエンザの感染を確認することが出来ます。
検査方法は、通常の検査と同様に鼻腔より綿棒を挿入して行います。

 

●心電計

【日本光電製心電計 cardiofax m / ECG-2320】

国際規格に準拠した波形処理技術と心電図解析プログラム「ECAPS12C」を搭載したIEC規格の「世界標準」の心電計です。不整脈・狭心症などの診断が、正確にかつ負担なく行えます。また往診時にも使用可能なポータブルタイプです。

心電計

 

特色とする治療法など

先代院長の時代より肝臓病には特に力を入れています。現院長も順天堂大学第2外科入局後、肝臓病の治療と研究を行ってきました。(博士号論文は「門脈圧亢進症手術後、肝癌発生危険因子の検討」です。)
肝臓病は経過が長く、10年20年以上の治療が必要なことがあります。定期的に採血・超音波検査などを行い、継続的な治療を行っていきます。